アウトドア(キャンプ)をより楽しくする方法 | 子供と一緒にお昼寝する

アウトドア(キャンプ)をより楽しくする方法

アウトドアというとやはりキャンプ(バーベキュー)が一番に思いつきます。

前日までに準備しておいた方がいいものをいくつか紹介します。

タオル・ぞうきん・レジ袋・うちわ・チャッカマン・ウェットティッシュ・虫よけ
薬・保険証・懐中電灯などです。

これは最低限必要なものになります。

キャンプであると結構助かるもの

大きめのブルーシート
(軽く寝転んだり休憩できる・テントをこの上でたたむと土汚れがつかない)

大きめのゴミ袋
(雨が降り出したときにカッターで切ればかっぱ代わりになる、油ものの鍋などをそのまま
入れて帰れる)

洗濯バサミ
(テントのロープなどに濡れた物を乾かすときに役立つ)

カッターナイフ
(ハサミよりカッターの方がキャンプでは利用する機会が多い)

新聞紙
(バーベキューの後のアミをザックリと拭ける、濡れたクツの中に詰めると早く乾く)

ガムテープ
(いざというときに本当に便利です。布のテープが特におすすめです)

サランラップ
(残り物を次の日まで食べたいときなどに重宝します。)

トイレットペーパー
(キャンプ場のトイレはよく紙がきれていたりします。)

楽しくキャンプをむかえるにあたって

キャンプとバーベキューは夏のアウトドアの代表ともいえます。

あれがない、これがない、と不便な思いをするよりも、より楽しく過ごせるように事前の準備はしっかりとしていきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする