キャンプも敷居が低くなりました。マナーを守って気持ちよく。 | 子供と一緒にお昼寝する

キャンプも敷居が低くなりました。マナーを守って気持ちよく。

アウトドアレジャーの代表格と言えばやはりキャンプでしょう。

キャンプのイメージ

昔はキャンプと言えば山や海辺のキャンプ場で黄色の三角テント、と相場が決まっていました。

しかし最近は、テントの種類も増えて、しかも設営も簡単なものが多数販売されているので、敷居も低くなったのではないでしょうか。

いろいろな場所で

キャンプ場以外でもテント設営可能な場所が増えました。たとえば道の駅です。

管理者への確認は必要ですが、緑地や電源を設置しているところもあり、また併設される産直市場で食材が調達できるなど、お手軽なキャンプに重宝します。

キャンピングカーで旅行しながら道の駅に宿泊する人も増えているようです。

アウトドアでの食事も醍醐味

キャンプと言えば、アウトドアでの食事が楽しみでもあります。

調理の簡単さや後片付けの事を考えると、バーベキューが最適です。

旅先での地元食材の調達も楽しみの一つになると思います。

いろいろな所で産直市場がありますので、地元の人に聞いて行ってみましょう。

後片付けもキャンプの一部

楽しくキャンプをした後は、後片付けです。

アウトドアの敷居が低くなったこともあり、マナー低下も叫ばれています。

ゴミは原則持ち帰り、自分が使ったサイトの周辺もキレイにしましょう。自然を楽しむためには必要なことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする